読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生贄投票 ネタバレ 原作との違いや生贄投票の結末は? 香川怜が殺人鬼に?

生贄投票 入山環奈 柴田康介 香川怜

f:id:lightning-san:20160913000411j:plain

漫画「生贄投票」

原作:葛西竜哉

漫画:江戸川エドガワ

 

 漫画「生贄投票」は

原作者:葛西竜哉さんによる

ネット小説版の

「生贄投票」があります

漫画と原作はかなり違っていて

どちらも読むと

よりこの作品が楽しめます 

 

 

漫画「生贄投票」を読む方法は

こちらの記事で紹介しています

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

>>スマホで無料お試し読み方法<<

>>パソコンで無料お試し読み方法<<

※リンク先のページで「生贄」と検索してください

 

 

ネット小説版から見るネタバレ

f:id:lightning-san:20160913000638j:plain

 

 

かなり漫画と設定が違っています

 

結構オカルト色が強くて

さらに生徒同士の殺し合い的な

バトルロワイヤル展開でした

 

 

生贄の救済措置の

懇願場の期間も

1週間になっていて

その代わり

生贄本人100万回

他のクラスメイトは

10万回となってました

 

回数が10倍になると

なんか絶望感も半端ないですね

 

 

だから何でしょうか

 

 

コミック版は

本人10万回

クラスメート1万回

ただしこれを生贄発表の1日後まで

っという風に変更されています

 

 

一瞬で消えていった

環奈や柴田ですが

小説版のほうでは

もう少しドラマがあります

 

家族の協力や恋愛などあり

それでいて

生贄になったときの絶望感

ハンぱないですね

 

 

生贄には漫画は

社会的死となっていますが

小説版では実際に死ぬほうが多いです

 

生贄に待っているのは

漫画のような社会的な死では ないのです

 

 

生徒が自滅したり

実行犯の犯行による殺人が起こります

 

 

呪いの話も出始め

物語はどんどん

オカルト的要素を含んでいきます

 

 

そして始まる生徒同士の

製紙をかけた駆け引き。

 

 

小説のほうが

より直線的に参加者を殺しに来ています

 

バカップル香川怜も

恋人の死をきっかけに投票者への

復讐を開始したり

すごいことになります

 

 

漫画では原作に登場していない

キャラクター約10人いるため

なかなか今後の展開は予想できませんが

 

 

オカルト路線はあまりなさそうですね

 

どちらかというと

オリジナルキャラの二人が

活躍し始めているので

今後、この二人の行動に注目です

 

 

漫画「生贄投票」を読む方法は

こちらの記事で紹介しています

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

>>スマホで無料お試し読み方法<<

>>パソコンで無料お試し読み方法<<

※リンク先のページで「生贄」と検索してください